FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.01.19 (Tue)

帰省、忘れちゃったなー

毎年帰省したときは記事にしているのに。

覚えている限りで。

夫の実家で作ったのはすき焼きと 確か タラ鍋 だったような・・・?
そして柳家は結局合計3回行った。

年越しの瞬間はとっくにぐっすり寝ていた。

元旦に夫と別れて再び自分の実家に帰ったのだが・・・

雪のため、高速道路交通止め。

高速バスの(もはや高速バスでもないが)運転手がガラの悪いおっちゃんで、運転しながら携帯電話で話し始めたので「なんなの、この運転手!」と見ていたら
「あー、タカヒロに4号線さ行けって言っておいて。こっちは吹雪で全然進まないから。俺もこれから4号線に移るから」とのこと。
まあ、そういう事情なら許す。よかったな、タカヒロ、吹雪を回避できて。
おっちゃんの携帯電話の待ち受け画面が娘と孫の写真のようだった。孫好きのじいちゃん。

しかし、4号線も吹雪だった。そしてインターチェンジ付近はものすごい渋滞で。
白と黒の世界だったなー。久しぶりの雪国体験。

2時間半でつくはずが5時間半かかって到着。

柳家でもらった(元旦限定新着100名のみ。あれ?50名だっけ?)手打ちそばをみんなですぐさま食べた。
メンバーは両親・おじさん・あきのり。兄はすれ違いで帰っていた。

1/2におじさんとあきのりが帰る。
と同時に母親がそれから2日以上寝込む。

1/3に雪が降って朝から雪かき。
何も考えず表の雪かきをしていたら近所の奥さん(同級生の母親)にすぐさま見つかる。

「東京に住んでいるようだけど相手は長男じゃないのか。長男なら向こうの親御さんの面倒はどうするのか。夫は今は一緒に来ていないのか」等の尋問ににこやかに答えつつ、雪かきが忙しいフリをして(いや、実際忙しいんだけど)やり過ごそうとすると今度は

「後は子供だけだね」
でた!この質問。

正直言って、あたしは「子供はまだ?」って聞かれても全然イヤじゃない。
欲しいと思っているのにできないんなら傷つくだろうけど、別にそんなこともないし。
でも「親しくもない人」にプライベートに踏み込まれるのはイヤ。

ここは「欲しいけどできない、デリケートな問題に触れて欲しくない人」を装おうと、
「まだですね~、これだけは授かりものですからね」と、「察してくれよ」的な回答を。

でもこの人には通じなかった。そうなんだよね、通じない人なのはもう何十年も見てるからわかってはいたんだけど。

「ああ、そうだよねー。でも子供は産んでおかないとね、国民の義務だもの!」

・・・さすがにこれには黄金の相槌「そうですね~」を繰り出すこともできず、絶句。
とりあえずにこやかに笑いながら雪かきをしつつ
「ああ・・・そういう考え方もありますね」と苦し紛れに相槌を打っておいた。

いや~、しかし、子供3人も産んだ人が適齢期になっても子供がいない人に向かって「子供を生んでいないなんて義務を果たしていない!」って言い切っちゃうのがすごいな。デリカシーとかいう言葉には一生無縁だろうな、この人。
後で別の同級生の友達にこの話をしたら「っつうか自分の息子どうなのよ? 結婚もしてないじゃん。言ってやればよかったのに」と言われ、初めてそれに気付いた。
そうだよ、そういうことは自分の息子にでも言え! あたしだったらこんな姑がいる長男とは絶対結婚したくないけどね。

雪かきの別の意味の恐ろしさを体感したお正月でした。

1/5には母親が回復したので温泉へ。
この写真の海が目の前に見える温泉施設4時間利用で500円。
天気予報は良くなかったのに温泉に近づくに連れて晴天になり、帰る頃になって雨が降ってきた、という最高のタイミングだった。
露天じゃないのが惜しいけど、それにしてもいい景色でゆっくりできてよかったなー。

帰り道は二人とも爆睡してしまってごめんなさい、お父さん。

ときことは2回も会えたし、温泉には行けたし柳家では手打ちそばももらったし、やっぱり12連休はゆっくりできていいなー、と思った帰省でした。

ああ、そうそう、母親が2、3日寝付いていた(しかも食欲がなかった)ため、食事の準備は私が。
ご馳走が一休みしたせいか、正月太りが例年の半分以下!
いやー、よかったよかった。

でもそろそろまたくるみ餅が食べたいなー。
まあ、アレもみんなでワイワイ食べるからあれだけおいしく感じるんだろうけどね。


追記:温泉の脱衣所で、知らないおばさんにいきなり「きれいだ」「若い」と褒め倒された。「ご両親はさぞかし美男美女なんでしょうね~」とも。

その話を聞いた人の反応。

母親:笑い死に寸前まで爆笑。
夫:「そのおばさん、おかしいよ!」
友達:「えー、何でだろうね・・・」

正直者に囲まれて幸せな私です。







スポンサーサイト
13:28  |  未分類  |  コメント(2)

Comment

え。てか・・・子供って国のために産むもんなんですか?
死○ばいーのに、そのクソババア。
(ごめんなさい、同級生のお母さんなんですよね。)
あと高速バスの運転手も。
ガラ悪くないと採用されないのかしら?って思ってしまいます。

まきさんのお母様のお加減はいかがですか?
笑い死に寸前まで笑ってたなら、もう全快ですよね。
なんか、雪かきとか、温泉とか。
雪国でのお正月風景ってイイですね。『しょうがつぅ~!!』って感じがします。
りりか |  2010.01.20(水) 14:30 | URL |  【編集】

りりかさん

同級生、実は大して親しくもないのでいいのです。近所だけど、価値感が反対なので。
まあ、このおば様も悪気はないんですよ。何でも思ったことは口に出してしまうタチなだけなんだと思います。

温泉、本当は別のところに泊まりで行く予定で予約も入れていたんですけど、母の体調のこともあったのでキャンセルして日帰りにしました。結果的に(天気のことなども考慮すると)それで正解でした!
まき |  2010.01.20(水) 14:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。